青森市議会議員選挙がスタート

2010_1024.jpg
 青森市議選(定数41)が10月24日告示されました。公明党からは、現職の「しばた久子」「赤木みちよし」「わたなべ伸広」、新人の「山本たけとも」の4候補が出馬。31日(日)の投票日に向け激しい選挙戦がスタートしました。

同日、私も各候補の街頭演説会に駆け付け、各候補の人柄や政策・実績等を紹介しました。また、政治とカネの問題などをめぐる民主党政権の迷走を公明党は厳しくただしていくと強調。今後の国会対応について「公明党は、どこまでも国民生活と国益を守る観点から議論を尽くし、判断していく」と力説。さらに、市議会議員の役割に触れ、「市民の声を実現できるは、国・地方のネットワークがある公明党の候補者だ」と絶大な支援を訴えました。

関連記事

  1. 生活再建、きめ細かく対応 ~熊本地震、住宅確保など政府に要請

  2. 政府・与党協議に出席

  3. 三陸道の早期完成を

  4. 「“命の道路”整備加速を」安全・安心の道づくりを求める全国大会に出席

  5. 地域主権型道州制へ本格論議

  6. マンションの適正な管理へ活躍期待 ~管理業協の新年賀詞交歓会に出席