青森市議会議員選挙がスタート

2010_1024.jpg
 青森市議選(定数41)が10月24日告示されました。公明党からは、現職の「しばた久子」「赤木みちよし」「わたなべ伸広」、新人の「山本たけとも」の4候補が出馬。31日(日)の投票日に向け激しい選挙戦がスタートしました。

同日、私も各候補の街頭演説会に駆け付け、各候補の人柄や政策・実績等を紹介しました。また、政治とカネの問題などをめぐる民主党政権の迷走を公明党は厳しくただしていくと強調。今後の国会対応について「公明党は、どこまでも国民生活と国益を守る観点から議論を尽くし、判断していく」と力説。さらに、市議会議員の役割に触れ、「市民の声を実現できるは、国・地方のネットワークがある公明党の候補者だ」と絶大な支援を訴えました。

関連記事

  1. 経団連などから税制改正要望を受ける

  2. 公明党福島県本部研修会に出席

  3. 日本土地家屋調査士会連合会の新春交礼会に出席

  4. 党代議士会に出席

  5. 「震災の教訓海外に発信」第3回国連防災世界会議が仙台市で開幕

  6. 「出産一時金の引き上げ等をを主張」医療改革協議会