青森市議会議員選挙がスタート

2010_1024.jpg
 青森市議選(定数41)が10月24日告示されました。公明党からは、現職の「しばた久子」「赤木みちよし」「わたなべ伸広」、新人の「山本たけとも」の4候補が出馬。31日(日)の投票日に向け激しい選挙戦がスタートしました。

同日、私も各候補の街頭演説会に駆け付け、各候補の人柄や政策・実績等を紹介しました。また、政治とカネの問題などをめぐる民主党政権の迷走を公明党は厳しくただしていくと強調。今後の国会対応について「公明党は、どこまでも国民生活と国益を守る観点から議論を尽くし、判断していく」と力説。さらに、市議会議員の役割に触れ、「市民の声を実現できるは、国・地方のネットワークがある公明党の候補者だ」と絶大な支援を訴えました。

関連記事

  1. 政府、「退位」論点を説明

  2. JA埼玉県中央会と意見交換

  3. 連合の新役員と意見交換

  4. 新しい東北観光と仙台空港民営化シンポジウムに参加

  5. 党青森県本部・政経懇話会に出席

  6. 公明・自民の共同主催で東北ブロック大会