党静岡県本部大会に出席

2010_1009.jpg

 10月9日(土)、静岡県静岡市で行われた党静岡県本部大会に出席し、挨拶をしました。これには、大口善徳県代表(衆院議員)、浜口昌良同顧問(参院議員)も出席しました。

 挨拶で私は、地域経済が深刻な状況で中小企業が悲鳴を上げている実態を挙げ、今臨時国会の最大の課題は景気・経済対策であると強調。その上で、「政府は今年度補正予算案を出すことは決めたが、肝心の中身が出てくるのは今月末だ。冒頭に出して審議すれば早く成立できるはず。政府は極めて怠慢だ」と弾劾しました。
 また、来春の統一地方選について「4年前とは状況が変わり、大変厳しい戦いになる」と指摘。「公明党議員は『どんな状況でも勝てる』という基盤をそれぞれの地域で勝ち取っていこう」と訴えました。



関連記事

  1. 「社労士の活動拡大へ」社労士団体から要望

  2. 地元・仙台で新年事務所開き

  3. 鳥インフル「封じ込め」に総力 ~政府・与党会議に出席

  4. 「100万人訪問・調査」運動スタート ~地元仙台で調査

  5. 住宅の税負担軽減へ ~住団連から要望聞く

  6. 首脳間交流の促進を確認