都内で「国政と都政を考える集い」を開催

 5月16日(月)夜、7月の都議会議員選挙に向けた公明党東北方面協議会主催の「国政と都政を考える集い」が開催されました。


 集いは、東北各県有縁の皆様500名余に参加いただき、盛会な講演会となりました。党からは冬柴幹事長・太田幹事長代行(都議選選対本部長)が出席、東北方面からは井上・渡辺・風間の3国会議員、都議会からは橋本辰二郎都議会議員団長・さくらい良之助都議(世田谷選挙区予定候補)が出席しました。
 席上私は、都議会のこれまでの政策活動・実績を紹介しながら、都議会議員選挙の重要性と公明党への支援を訴えました。冬柴幹事長からは、最近の政局の動向とともに与党内における公明党の働きや重要課題への公明党の対応などが紹介され、公明党の政策実現力やネットワーク政党としての公明党の特長が講演されました。太田幹事長代行からは、都議選の現況が報告され、「お一人おひとりの熱きご支援で23候補全員当選を果たさせていただきたい」旨の訴えがありました。



関連記事

  1. 党宮城県本部主催の「観光振興シンポジウム」に出席

  2. 早期復旧へ柔軟な支援を ~8月の台風被害で北海道、岩手の要望受ける

  3. 「国連防災世界会議」へ向け東北大学災害研・平川所長らと懇談

  4. 「軽油引取税・免税措置の恒久化を」青森県漁連から要望

  5. 機運逃さず首脳往来を ~与党訪中受け首相に提言

  6. 「生活者の視点でIT社会の構築を」政策提言を発表