都市農業振興で東村山市を視察

 5月28日(土)午後、神崎代表らと東京・東村山市を訪れ、市内の野菜栽培農家を視察すると共に、関係者との農業懇談会に出席しました。これは、公明党都市農業振興プロジェクトチーム(座長:高木陽介衆院議員)が企画したもので、当日は神崎代表以下8名の国会議員が参加しました。


 まず、同市野口町でトマトなどを栽培する鈴木章司さん(51)の農場を訪問。都市農業の実情を視察し、営農継続の課題などについての要望を聞きました。鈴木さんからは「私で十代目。子どもに引き継ぎたいが、そのためには(相続税など)税制面での支援が不可欠」との意見が出されました。


 視察後市役所で開かれた都市農業懇談会では、細渕一男市長や肥沼和男・同市農業委員会会長ら地元農業関係者と活発に意見交換。「都市の農地は環境や教育、防災面など多くの役割を果たしている」「農地は毎年減っており、生活できる、持続可能な農業への支援をしてほしい」などの要望を受けました。これに対し、神崎代表や私、高木座長は、「税制の見直しや農地の多面的機能の評価など、与党内でしっかりとした連携を図りつつ具体的な形として都市農業のビジョンを確立していきたい」旨の見解を示しました。



関連記事

  1. 被災地「人間の復興」へ総力 ~公明党宮城県本部で新春の集い

  2. 日本住宅建設産業協会年賀会に出席

  3. 八戸・三春屋の営業存続を大臣に要望

  4. 「福島復興の展望を」佐藤福島県知事から要望

  5. 仙台市で「成人の日」街頭演説

  6. 「来年度予算概算要求」で細田官房長官に申し入れ