日本土地家屋調査士会連合会の祝賀会に出席

2010_0623.jpg

 6月23日(水)、都内で行われた日本土地家屋調査士会連合会(松岡直 武会長)の土地家屋調査士制度60周年記念祝賀会に出席し、挨拶をしました。これには、「公明党土地家屋調査士制度の改革・振興議員懇話会」の会長である漆原良夫衆院議員(国会対策委員長)、富田茂之、竹内譲の両衆院議員も出席しました。

 党を代表した挨拶で私は、「土地・家屋は、国民にとって基本の財産だ」と強調した上で、今後も同調査士制度を取り巻く環境整備に全力を尽くす考えを表明しました。



関連記事

  1. 「雇用安定へ支援訴え」連合から要望

  2. 「現場の声に応える公明」夏季議員研修会で講演

  3. 全国社会保険労務士会連合会を表敬訪問

  4. 「竜巻の被災者支援を万全に」 原因究明など要請

  5. 岩手、宮城の沿岸自治体から要望

  6. 夏季議員研修会スタート