山形県本部の時局講演会に出席

1224.jpg

 6月11日(金) 山形県長井市、米沢市の両市で行われた党時局講演会に出席し、挨拶をするとともに参院選勝利へ支援を訴えました。これには、よこやま信一氏(参院選予定候補=比例区)、寒河江政好県本部代表(=県会議員)ら地元議員も参加しました。

 壇上私は、首相という「政権の看板」を掛け替えただけで、未だに「カネと政治」疑惑に対する説明責任を果たしていない民主党政権を弾劾。その上で、民主党政権の約9ヵ月にわたる失政の責任を徹底追及していく考えを示しました。
 よこやま氏は「『現場第一』を信条に生活者の目線に立った政策実現に全力を挙げてまいります」との決意を述べました。



関連記事

  1. 党秋田県本部主催の国政報告会に出席

  2. 岩手、宮城の沿岸自治体から要望

  3. 「公明は合意形成の要役」北海道で講演

  4. 「女性の政治参画拡大」森担当相から要請

  5. 「生活再建へ丁寧に」復興庁らと意見交換

  6. 自民党新役員が公明党を表敬