名古屋市での「国政報告会」に出席

2010_0603.jpg

 6月2日(水)、名古屋市で行われた国政報告会に出席し、国会の状況を報告すると共に参院選勝利へ絶大な支援を訴えました。これには、荒木きよひろ参院議員(参院選予定候補=比例区)も出席しました。

 国政報告の中で私は、鳩山政権が8カ月余で崩壊に追い込まれたことについて「首相のリーダーシップの欠如は言うまでもないが、政治とカネの問題で自浄能力を発揮してこなかった民主党全体の責任だ」と強調。その上で、民主党内で後継選びが始まっていることに触れ、「民主党から誰が次のリーダーになっても同じ。民主党は“マニフェスト詐欺”で政権交代を果たしたのであって、表紙のすげ替えではなく、解散総選挙で民意を問うのが筋だ」と力説しました。

 荒木氏は「首相の辞任によって政治とカネの問題がうやむやになることは許されない」とし、企業・団体献金の全面禁止、政治資金規正法の抜本改正に取り組む決意を述べました。



関連記事

  1. 佐竹秋田県知事から除排雪対策の充実要請

  2. 道建協及び日住協の総会パーティーに出席

  3. 「次の50年へ勇躍前進―」公明党全国大会に出席

  4. 仙台卸売市場の「初せり式」に参加

  5. 党岩手県本部主催の政経懇話会に出席

  6. 党農水部会で若林農水相に申し入れ