党秋田県本部国政報告会に出席

_1_wd_290.jpg

 5月20日(木)、秋田市内で行われた同県本部(田口聡代表=県議)主催の国政報告会に出席し、国政報告を行うと共に参院選勝利へ絶大な支援を訴えました。これには、よこやま信一氏(参院選予定候補=比例区)をはじめ地元議員らも参加しました。

  国政報告で私は、鳩山由紀夫首相、小沢一郎民主党幹事長の「政治とカネ」の問題について、2人とも説明責任、政治責任を果たしていないと糾弾。「公明党は予算委員会で集中審議するよう主張している」と述べました。また「第三極」を名乗る新党の相次ぐ誕生について、政策、理念なき国会議員の離合集散では真の民意の受け皿にならないと述べ、「全国3000人を超す議員を有する公明党こそ民意を吸い上げる受け皿になり得る」と強調。地域活性化に力を発揮する、よこやま氏の大勝利へ絶大な支援を訴えました。



関連記事

  1. 全公立学校を耐震化 ~八戸市で公明必勝訴え

  2. 臨時国会が閉幕

  3. 日税連、公認会計士協会の賀詞交歓会に出席

  4. 北陸新幹線整備、工期短縮を訴え ~沿線知事から要望受ける

  5. 整備新幹線政府・与党協議

  6. 「被災農地の取得円滑に」仙台市長から要請