北陸新幹線起工式に出席

 フル規格で整備される北陸新幹線の富山-金沢間と福井駅の起工式が6月4日(土)午前、富山県高岡、金沢、福井の3市でそれぞれ行われました。今年度の新規着工が決まっている整備新幹線3線の一つで、完成は富山-金沢間が2014年度末、福井駅が08年度末の予定です。


 起工式は、いずれも鉄道建設・運輸施設整備支援機構が主催。私も高岡会場の起工式に参加、くわ入れを行いました。また、引き続き金沢市内で開かれた北陸三県の起工記念建設促進大会、高岡市内で開かれた着工記念式典にも参加。「早期開業を目指す」旨の祝辞を述べました。
 富山-金沢間は既にスーパー特急方式で建設中の一部区間を含め全長約58・5キロメートル。国土交通省が認可した工事費は約4160億円。開業すれば、現在3時間47分かかる東京-金沢間は2時間28分で結ばれます。
 将来の延伸をにらみ先行的に整備される福井駅は、工事費が約80億円と見込んでいます。



関連記事

  1. 来年度予算財務省原案に対する大臣折衝

  2. 岩手・二戸市議選挙、米田まこと候補が無投票当選

  3. 「軽油引取税・免税措置の恒久化を」青森県漁連から要望

  4. 関西プレスクラブ主催政治討論会に出席

  5. 三陸縦貫自動車道の開通式に出席

  6. 国土交通部会・災害対策本部合同会議に出席