宮城県市長会と政策懇談

 6月8日(水)朝、宮城県市長会との行政懇談会に参加しました。懇談会では、藤井仙台市長をはじめ、参加した12市長から国に対する行政要望を聞くと共に、地方自治体が直面している課題について意見交換を行いました。


 まず市長会からは、国への要望として「三位一体改革に伴う地方財政の充実強化」「地震・津波対策及び中小河川防災対策」「新たな食料・農業・農村基本計画に基づく経営安定化対策」「県内の高速交通網の整備促進」など29項目にわたる政策要望が提示されました。
 私は、要望に対する国の施策の現状を説明すると共に、地元の要望趣旨を良く踏まえ実現に努力していきたい旨の発言を行いました。



関連記事

  1. 党青森県本部「夏季議員研修会」に出席

  2. 農業政策で意見交換(ジェームス・R・シンプソン氏)

  3. 「記録的豪雪・新燃岳噴火」対策で政府、公明の提言を反映

  4. 記者会見で喫緊課題について見解

  5. 岩手・宮城で党新春街頭演説会に参加

  6. 新幹線の早期整備を!