党岩手県本部の「新春政経懇話会」に出席

2010_0124.jpg

 1月24日(日)、盛岡市内で開かれた党岩手県本部(小野寺好代表=県議)主催の新春政経懇話会に出席し、挨拶をしました。これには、浜四津敏子代表代行、渡辺孝男参院議員らも出席。また谷藤裕明・盛岡市長をはじめ多数の来賓が出席しました。

 私は席上、政治とカネをめぐる疑惑で鳩山由紀夫首相や民主党の小沢幹事長の秘書が相次いで起訴、逮捕されたことについて、「極めて異常な事態。国民の信頼がなければ政治は成り立たない。国会でもこの問題を究明しなければならない」と主張。さらに深刻な景気・経済・雇用に対しては、考えられる全ての方策を集中すべきことを強調しました。

 来賓のあいさつに立った谷藤裕明・盛岡市長は「与党、野党時代を問わず、公明党は常に現場第一主義で、地方の隅々までの声を政府に届けてくれた」と述べました。



関連記事

  1. 「出前政調」スタート ~東北方面出前政調に出席

  2. 郵政事業の展開後押し ~郵便局長会の集いに出席

  3. 日韓親善 共に努力 ~民団の新任役員が表敬

  4. 定数削減・衆院選挙制度改革 3党幹事長会談

  5. 「燃油免税の恒久化を」全漁連集会に出席

  6. 不信任案に理由なし ~国会会期末、両院議員総会を開催