政治資金規正法改正を目指す!

 1月13日(水)午前、自民党の大島理森らと都内で会談し、18日召集の通常国会での野党としての対応、それぞれの党の政策課題について協議しました。会談には、公明党から漆原良夫国会対策委員長、斉藤鉄夫政務調査会長も同席しました。

会談ではまず、公明党が提出した秘書などの会計責任者が収支報告書の虚偽記載をし、政治家が監督を怠った場合、公民権を停止する「政治資金規正法改正案」について、是非とも成立させたいと強調しました。
 また、両党は鳩山由紀夫首相らの「政治とカネ」の問題を厳しく追及することを確認。その上で、民主党の小沢一郎幹事長の政治資金問題に関連し、政党から「組織活動費」名目で億単位に上る資金が使途を明らかにする必要のない”渡し切り”の形で国会議員側に支出されている問題について、公明党側は「(1円以上の支出で領収書を公開する)政治資金規正法の趣旨を無視するものであり、同法改正の対象とすべきではないか」と指摘しました。
 さらに、民主党が主張する官僚の国会答弁禁止などの国会法改正に関して、国会運営にかかわるものであり、「全会派の一致が必要」との認識を確認しました。
 一方、政府・与党が政府提出法案として提出を検討している永住外国人に地方選挙権を付与する法案については、大島幹事長が「自民党は慎重な考え方が多い」と述べ、それぞれの党で独自対応となる考えを示したのに対し、私は「互いの立場が違うことは分かっている。おのおのの判断で対応しよう」と述べた。



関連記事

  1. 奥田日本経団連会長らと意見交換

  2. 北海道新幹線について要望受ける

  3. 日本労働組合総連合会から「来年度予算編成」で要請

  4. 「成人の日」記念街頭演説会

  5. 党宮城県本部主催の国政報告会に出席

  6. 「財政支援の継続必要」宮城県知事から要望