仙台市で「成人の日」街頭演説

2010_0111.jpg

 1月11日、仙台市内で党宮城県本部青年局(庄子賢一局長=県議)の街頭演説会に出席し、新成人の積極的な政治参加に期待を寄せると共に、党として雇用創出に全力を挙げること等を訴えました。街頭演説会には、庄子局長と鎌田城行同次長(仙台市議)、新成人の代表が参加しました。

 演説会ではまず、新成人の代表・男女二人が自らの抱負を披瀝。庄子青年局長は、公明党は青年の党であり、若者の積極的な声を必ず政治に反映させると強調。
私は、「深刻な雇用情勢の中で将来に不安を持つ若者の声に、公明党は真剣に耳を傾けてきた」と公明党の取り組みを紹介。今後とも雇用創出に党を挙げて取り組んで行くとの決意を述べました。さらに、鳩山政権が抱える献金、経済、基地の「3K問題」については、国会論戦を通じて徹底して追及していくとの党のスタンスを訴えました。



関連記事

  1. 公明党税制調査会で議論

  2. 「原油高騰問題」早期対応を

  3. 第12回党大会めざし準備委員会が初会合

  4. 日中新時代を共に築く ~孔鉉佑・新中国大使と会談

  5. 整備新幹線の早期開通を要望 ~期成同盟会から要望受ける

  6. 「被災地特例の実施を」政府に申し入れ