福島・仙台・盛岡で新春街頭演説会

2010_0102_20100112225851.jpg

 1月2日(土)、仙台市内及び福島駅前、盛岡駅前で新春の街頭演説会を行いました。街頭演説会には、石橋信勝県会議員(党宮城県本部代表)、甚野源次郎県会議員(党福島県本部代表)、小野寺好県会議員(党岩手県本部代表)のほか地元の県議会議員、市議会議員が参加しました。

 街頭演説で私は、「公明党として『山口ビジョン』を発表し、福祉・教育・平和の党という旗印を鮮明にした」と強調。その上で、「人道の21世紀」とするため、①協働型福祉社会 ②教育 ③国際貢献 ―の「三つの挑戦」をしていくと主張。また、鳩山首相の献金偽装事件について、「(偽装を)知らないでは済まされない。責任をとるべき」と糾弾し、「今月から始まる国会の場で、論戦を通じて明確にしていきたい」と決意を述べました。



関連記事

  1. 仙台市中央卸売市場の業務開始式に出席

  2. 高齢化進む地域でも大きな役割/JFAの懇親会に出席

  3. 岩手県釜石市を視察、宮古市で時局講演会

  4. 「テロ対策の徹底が必要」与党シリアにおける邦人拘束事案対策本部

  5. 並行在来線関係道県協議会から要望を受ける

  6. 「“命の道路”整備加速を」安全・安心の道づくりを求める全国大会に出席