福島・仙台・盛岡で新春街頭演説会

2010_0102_20100112225851.jpg

 1月2日(土)、仙台市内及び福島駅前、盛岡駅前で新春の街頭演説会を行いました。街頭演説会には、石橋信勝県会議員(党宮城県本部代表)、甚野源次郎県会議員(党福島県本部代表)、小野寺好県会議員(党岩手県本部代表)のほか地元の県議会議員、市議会議員が参加しました。

 街頭演説で私は、「公明党として『山口ビジョン』を発表し、福祉・教育・平和の党という旗印を鮮明にした」と強調。その上で、「人道の21世紀」とするため、①協働型福祉社会 ②教育 ③国際貢献 ―の「三つの挑戦」をしていくと主張。また、鳩山首相の献金偽装事件について、「(偽装を)知らないでは済まされない。責任をとるべき」と糾弾し、「今月から始まる国会の場で、論戦を通じて明確にしていきたい」と決意を述べました。



関連記事

  1. 公明新聞で党理解広げよう ~宮城の愛読者大会であいさつ

  2. 雇用、年金で地域貢献 ~社労士の交歓会で訴え

  3. 石巻市新蛇田地土地区画整理事業起工式に出席

  4. 「がん検診率の向上を」仙台で署名活動に参加

  5. 全振連の創立40周年記念式典に参加

  6. 「円滑な価格転嫁実現を」税制改正で日商と意見交換