日本税理士連合会と政策懇話会


 12月3日(木)、「公明党日本税理士連合会との政策懇話会」(会長:井上義久)を開き、日本税理士会連合会と同政治連盟から来年度税制改正に関する要望を聞きました。



 同連合会からは、重点要望事項として ①給与所得控除額の上限設定 ②少額減価償却資産の取得価額基準の引き上げ――などの要望が出されました。これに対し、公明党の山口那津雄党代表は「しっかり取り組んでいく」と回答。公明党として「公平な税制」「時代に適合した税制」を目指して、税理士会とも連携して行く旨を表明しました。


(公明新聞2009年12月4日)






関連記事

  1. 自公結束し防災を強化 ~総裁3選の首相と確認

  2. 税制の抜本的改革の議論、大詰め ―与党税制協議会―

  3. 除排雪へ財政支援必要 ~福井県知事から要望受ける

  4. 日本住宅建設業協会と懇談

  5. 新年・事務所開き

  6. 中小企業支援を力強く ― 岡村正新会頭の就任式に出席 ―