中国の楊外交部長(外相)と会談


 11月20日(金)、参院公明党控室で中国の楊潔?(ヨウケツチ)外交部長(外相)と会談し、日中両国の協力関係が国際社会の平和と発展に資するとの認識で一致しました。これには山口那津男代表と私、浜四津敏子代表代行、松あきら女性委員長、西田実仁国際局次長、谷合正明青年委員長らが参加しました。



 席上、山口代表は「両国の協力関係は、内外の情勢がどのように変化しようとも極めて重要なものであり、日中の国益のみならず、アジアと国際社会の安定、繁栄に必要不可欠だ」と述べ、両国の関係発展に「引き続き公明党としても尽力していく」との決意を披歴。これに楊外相は山口代表の見解に賛同するとともに、「中日関係の発展は、わが国としても優先的に考えている。金融危機や気候変動などの課題の中で両国が一層協力し、戦略的互恵関係を築くべき」と応え、12月中旬に予定される習近平国家副主席の訪日の際には、「公明党をはじめ、さまざまな政党の方々とお会いしたい」との考えを伝えました。

 また、山口代表は、両国間の国民感情を改善する取り組みとして、①青年や地方議員による“草の根”交流 ②来年の上海万博を通じた交流 ③「食の安全」問題に対する日中協力の枠組みづくり――の重要性を指摘。その上で「できるだけ早い時期に訪中させていただきたい」との考えを述べました。これに対し、楊外相は山口代表の考えに理解を示しつつ、特に「食の安全」での中日協力の枠組みづくりについて、「公明党に後押しをお願いしたい」と要請しました。


(公明新聞:2009年11月21日)






関連記事

  1. 「福島産米の安全確保へ」 米の全袋検査を視察

  2. 災害時多目的船建造推進・超党派議連が政府に要請

  3. 宮城・石巻市議会議員選挙が告示

  4. 仙台塩釜港、向洋地区ふ頭再編改良事業着工式に出席

  5. 政府、「退位」論点を説明

  6. 党青森県本部夏季議員研修会に出席