JA全中と意見交換


 11月11日(水)、公明党の農林水産部会(石田祝稔部会長=衆院議員)に出席し、政府が進めている農家の戸別所得補償制度について、全国農業協同組合中央会(JA全中、茂木守会長)の馬場利彦・農業対策部長らと意見交換を行いました。



 席上、馬場部長は、来年度からモデル事業として導入されようとしているコメの戸別所得補償に関し、JAグループの政策提案を説明。生産調整(減反)に参加したコメ農家に生産費と販売価格の差額を全国一律の基準で補てんするというモデル事業に対し、生産費の一部として8割しか評価されない家族労働費を10割に算定することや、地域や銘柄ごとに全国一律ではくくれない価格変動や収入下落に対するキメ細かな措置などを求めました。



 意見交換では、馬場部長は「農家の戸別所得補償というより、生産調整の追加メリット措置の一環としてとらえている」との認識を示す一方、政府がいまだに制度の詳細を示せない現状に対し、「早く示さなければ現場の農家は混乱する」と強い懸念を表明。また、政策提言を農林水産省へ提出したものの、同省の政務三役と話し合う機会すら持たれなかったことを明らかにしました。


(公明新聞:2009年11月12日)






関連記事

  1. 社会保険労務士会役員と意見交換

  2. “勝ち抜ける力”磨こう ~党京都府本部の夏季議員研修会に参加

  3. 「北海道石炭対策連絡会議」から炭鉱技術海外移転事業で要望

  4. 「社会保障の全体像明示を」3党幹事長会談

  5. 「原油高騰問題」早期対応を

  6. 「フィリピン災害救援を」街頭募金活動