山形県の酒田市議選が開始


 山形県・酒田市の市議会議員選挙が、11月1日(日)告示になりました。酒田市議選は、前回より定数4減の30に34人が立候補し、無所属に新人が有力者ぞろいで熾烈な選挙戦になっています。私は、「佐藤たけし」候補の告示第一声に駆けつけ、同候補への支持を訴えました。



 佐藤たけし候補の告示第一声では、たけし候補の若くして経営者の経験をされ、中小企業・零細企業への政治の在り方や働く人の目線に立てる真面目で実直な人柄や2期6年で残した現場第一の実績を紹介すると共に、生活者に直接関わる市議会にこそ、実現力第一の公明党の存在が不可欠であることを訴えました。






関連記事

  1. 「復興事業の支援継続」 被災県知事から要望

  2. 地元・仙台で新年事務所開き

  3. 高速道路無料化期間延長を太田国交相へ要望

  4. 未来志向の日韓関係へ ~韓日議員連盟から表敬受ける

  5. 「福島・相馬・米沢地域経済開発懇談会」に出席

  6. 「復興の加速化へ支援を」日本商工会議所から要望