日本サービス・流通連合の政策懇談会に出席


 10月21日、都内で開かれた日本サービス・流通労働組合連合(JSD、八野正一会長)主催の政策懇談会に出席し、社会保障や地方活性化などの課題について見解を述べました。



 政策懇談の中で私は、少子高齢化による日本の人口減少が2025年にピークを迎えることに触れ、「年金、医療、介護、子育て支援などで持続することの可能性をどう担保していくか」と指摘し、税制を含めた社会保障制度改革の必要性を強調しました。また、日本経済の再構築に関して、「成長戦略」を設定してしっかりと取り組むべきだとの見解を示しました。

 更に、最重要の課題である地方の活性化について、「地方分権の徹底が大事だ」と力説。地域で住民が元気に生きていける仕組みを作るために、公明党は「国民生活の現場から政策を組み立てていく」と訴えました。


(公明新聞2009年10月22日2面掲載)






関連記事

  1. 児童デイサービスの利便性向上を!西博義副大臣に申し入れ

  2. 権哲賢 韓国大使と会談

  3. 憲法記念日街頭演説会に参加

  4. 各方面政策懇談会で新ビジョンを検討

  5. 臨時国会が開幕=党両院議員総会を開催し出陣=

  6. 全国社会保険労務士会連合会を表敬訪問