秋田県の横手市議選・湯沢市議選が開始


 横手市、湯沢市の市議会議員選挙が、10月11日(日)告示になりました。横手市義戦は、定数30に40人が立候補し、熾烈な選挙戦になっています。私は、「土田ゆりこ」候補の告示第一声に駆けつけ、同候補への支持を訴えました。同日告示となった湯沢市議選には、渡辺孝男参議院議員が応援に入りました。



 土田ゆり子候補の告示第一声では、つちだ候補の誠実な人柄や3期12年で残した現場第一の実績を紹介すると共に、公明党が実現した「子育て支援」や「がん検診」などの実績は、市・県・国を結ぶ公明党議員のネットワークで「現場の声を国の政策」にしたものと強調。住民の生活に直接関わる市議会にこそ、実現力第一の公明党の存在が不可欠であることを訴えました。






関連記事

  1. 党原発関係3県合同対策会議に出席

  2. 終戦記念街頭演説会に出席

  3. ADR機関の利用訴え 社労士連盟から要望

  4. 来年度税制改正へ本格議論を始めた党税制調査会

  5. 宮城県川崎町で党員および地域懇談会

  6. 岩手県八幡市で農政討論会