秋田県の横手市議選・湯沢市議選が開始


 横手市、湯沢市の市議会議員選挙が、10月11日(日)告示になりました。横手市義戦は、定数30に40人が立候補し、熾烈な選挙戦になっています。私は、「土田ゆりこ」候補の告示第一声に駆けつけ、同候補への支持を訴えました。同日告示となった湯沢市議選には、渡辺孝男参議院議員が応援に入りました。



 土田ゆり子候補の告示第一声では、つちだ候補の誠実な人柄や3期12年で残した現場第一の実績を紹介すると共に、公明党が実現した「子育て支援」や「がん検診」などの実績は、市・県・国を結ぶ公明党議員のネットワークで「現場の声を国の政策」にしたものと強調。住民の生活に直接関わる市議会にこそ、実現力第一の公明党の存在が不可欠であることを訴えました。






関連記事

  1. 口永良部島噴火 避難住民の生活再建支援など緊急要望

  2. 郵政事業の展開後押し ~郵便局長会の集いに出席

  3. 道路特定財源の一般財源化についての党内議論及び与野党協議

  4. 全国知事会と意見交換

  5. 東日本大震災復興加速化本部と復興・防災部会合同会議を開催

  6. 全漁連・全日本不動産協会・全振連と要請懇談