JA全国大会で挨拶


 10月8日(木)、都内で開かれた全国農業協同組合中央会(JA全中、茂木守会長)の全国大会に党を代表して出席し、挨拶しました。



 挨拶で私は、「世界の食糧事情は過剰から不足へと大きく潮目が変わった」と指摘。その上で農業の担い手や農地の確保、耕作放棄地の解消など、日本の食糧供給能力の向上へ課題は山積しているとして、JAの役割に期待を寄せました。また「農業こそが日本人の命を支える生命産業だ」と述べ、党を挙げて農業問題に取り組んでいく考えを述べました。


(公明新聞2009年10月9日2面掲載)






関連記事

  1. 予算・税制で団体要望

  2. 省エネ住宅の普及を後押し ~住団連の会合に出席

  3. 都内で「国政と都政を考える集い」を開催

  4. 与野党幹事長会談に出席

  5. 「被後見人の選挙権回復を」自民・公明両党協議会

  6. 宮城・気仙沼の公明党主催「政策懇談会」に参加