自民党新役員が公明党を表敬


 10月1日(木)、公明党新館で自民党新役員の表敬を受けました。来訪したのは、谷垣禎一総裁、大島理森幹事長、田野瀬良太郎総務会長、石破茂政務調査会長、川崎二郎国会対策委員長の新役員、公明党は、代表・幹事長のほか漆原良夫国対委員長、斉藤鉄夫政調会長、西田実仁広報局長が応対しました。



 席上、谷垣総裁は「連立10年で培った信頼関係を大事にしたい。よろしくお願いします」と挨拶。これに山口代表は「おめでとうございます」と新役員の出発に祝意を述べました。また自民党側から今後の国会運営に関して「(公明党と)協力する場面も出てくると思う。連携を取っていきたい」と要請。山口代表も「基本的に同感だ」と応じました。


(公明新聞:2009年10月2日2面掲載)






関連記事

  1. パレスチナ アッバス議長と会談

  2. 政策実現し役割果たす ~岩手県本部大会であいさつ

  3. 「豪雪被害と霧島連山・新燃岳噴火災害」対策について関係府省庁に要請

  4. 党代議士会で与党の国会運営を批判

  5. 宮城県で各種団体と意見交換

  6. 「日中関係強化へ」鄭必堅氏と懇談