中国建国60周年記念祝賀会に出席


 9月29日(火)夜、都内で開かれた中華人民共和国建国60周年祝賀会に出席しました。崔天凱駐日大使に建国60周年のお祝いを述べ、日中友好のさらなる発展に尽力する考えを表明しました。公明党からは、山口代表をはじめ多数の衆参国会議員も出席しました。



 挨拶の中で崔大使は、10月1日で中華人民共和国が成立して60年を迎えることに触れ、「60年は還暦といい、新たなスタートの象徴。56の民族、13億人を抱える中国の近代化を実現するため、世界でまれに見る困難さに直面しているが、立ち向かわなければならない」と述べ、中国の新たな発展に向けた決意を表明。

 また、中日関係について「日本各界の友人が、両国国民の友好促進、中国の建設発展に積極的に支援したことは、永遠に明記すべきだ」と強く訴えました。さらに「両国は協力のパートナーであり、互いの平和的発展を支持することは、双方の共通した国の意思だ。両国の共通利益はさらに増しており、このチャンスを逃さず、戦略的互恵関係が深化、発展するよう努力していかなければならない」との考えを示しました。


(公明新聞2009年9月30日)






関連記事

  1. 福島・仙台・盛岡で新春街頭演説会

  2. 岩手、宮城の沿岸自治体から要望

  3. 「南海トラフ地震」自公・衆院に特措法案提出

  4. 「財政支援の継続必要」宮城県知事から要望

  5. 「本格復興の「補正」早く」 与野党幹事長会談

  6. TPPについてJA全中から要請