岩手県一関市議選挙が開始

 一関市議会議員選挙が、9月27日(日)告示になりました。4年前の1市6町村(一関市、東山町、大東町、千厩町、花泉町、室根村、川崎村)が合併して初めて大選挙区で行なわれる選挙で、激戦は必須です。公明党からは新人の「いわぶちまさる」候補が立候補、10月4日(日)の投票日をめざして選挙戦が開始されました。



私も告示日の27日、いわぶち候補の告示第一声の応援に駆けつけ、支援を訴えました。第一声で私は、いわぶち候補の地域や職場での多くの信頼を集めてきた誠実な人柄や長年、地域教育の向上に携わってきた現場第一の行動を紹介。住民の生活に直結する市議会には、政策実現力第一の公明党の存在が不可欠である事を述べ、同候補への絶大なるご支援を訴えました。


関連記事

  1. 統一地方選へ全国遊説スタート~日本の課題に正面から挑戦~

  2. <関連> 3党合意に関する山口代表講演要旨

  3. 中国経済 再認識が重要 ~発展研究センターで意見交換

  4. 小さな声を政策に反映 ~石川県で新妻候補の実績強調

  5. 「被災農家の再建支援を」宮城・農業4団体から要望

  6. 北の脅威 結束し対応 ~政府与党連絡会議に出席