党宮城県本部・終戦記念街頭演説会


きょう15日は64回目の終戦記念日。仙台市内3カ所で、公明党宮城県本部の県議、市議のメンバーと一緒に街頭演説を行いました。



 戦後64年の今も、世界には平和は訪れておらず、アジアをみても北朝鮮のミサイル発射や核開発など、むしろ緊張の度は増していると訴え、唯一の被爆国であるわが国は、恒久平和をどこまでも追い求め、世界へ向けて平和を訴えいく日本の役割は思いと訴え、世界の平和と安全、人類の繁栄に貢献できる国づくりに全利力を尽くしたいと述べました。






関連記事

  1. 都議選勝利へ全国一丸 ~全国県代表協議会に出席

  2. 「被災地の伝統を守れ」雄勝硯再興で意見交換

  3. 復興債 25年償還で合意 3党幹事長会談

  4. 税制改正へ党内議論が本格スタート

  5. 高層住宅管理業協会の賀詞交歓会に出席

  6. 鳥インフルエンザの現況を聴取