三陸縦貫道の測量中心杭設置式に出席


 7月6日(月)、宮城・志津川で行われた三陸縦貫自動車道「南三陸道路測量中心杭設置式」に出席しました。式典には、地元自治体の代表や工事関係者が参加しました。



 挨拶の中で私は、地元関係者らのご協力に感謝の意を述べるとともに、今回の中心杭設置式を出発点に、志津川~歌津間はもとより三陸縦貫道の全体整備が更に促進されると強調。そして、三陸道整備のもつ意味について、地域振興の基盤であり、救急医療の観点からも住民の安全安心を確保する意味があると力説しました。

 式典後、意見交換会に参加し、地元関係者の方々の意見を聞きました。






関連記事

  1. 通常国会が開幕 公明党両院議員総会に出席

  2. 東日本大震災8年 福島再生の体制確保へ ~被災9市町村を調査

  3. 豪雪被害で関係府省庁に要請

  4. 「耐震偽造」安全確保最優先に・与党対策本部が政府に申し入れ

  5. 三陸縦貫自動車道「リアス・ハイウェイ女性の集い」に出席

  6. 口腔ケアの普及を厚労省に要望