三陸縦貫道の測量中心杭設置式に出席


 7月6日(月)、宮城・志津川で行われた三陸縦貫自動車道「南三陸道路測量中心杭設置式」に出席しました。式典には、地元自治体の代表や工事関係者が参加しました。



 挨拶の中で私は、地元関係者らのご協力に感謝の意を述べるとともに、今回の中心杭設置式を出発点に、志津川~歌津間はもとより三陸縦貫道の全体整備が更に促進されると強調。そして、三陸道整備のもつ意味について、地域振興の基盤であり、救急医療の観点からも住民の安全安心を確保する意味があると力説しました。

 式典後、意見交換会に参加し、地元関係者の方々の意見を聞きました。






関連記事

  1. 首脳間交流の促進を確認

  2. 福島・宮城・岩手3県の新春街頭演説会に参加

  3. 税制の抜本改革は景気回復後に―公明党税調拡大幹事会―

  4. 「政府に国道、避難所確保を要望」台風8号警戒対策本部

  5. 共通課題で連携強く ~日中与党交流協議会が開幕

  6. 公明党栃木県本部大会に出席