下北の道路整備を北側国交相に要望

 7月8日(金)、青森県下北半島の地域住民団体「女(おなご)まぐろの会」(熊谷ヒサ子会長)らとともに北側一雄国交相を訪ね、国道279号線など地域幹線道路の整備について要望を行いました。これには、地元の間山隆彦、伊吹信一県議も同席しました。


 国道279号は、地域経済や教育、医療などで重要な役割を担う生活道路です。近年、落石や倒木が相次いで発生し、通行時の安全性の確保が課題となっており、早期の対応が求められています。
 熊谷会長は、同会が集めた1万3044人の署名を北側国交相に提出した上で、「地元住民の思いを汲み取ってほしい」として、国道279号の安全対策の強化などを求めました。


 北側国交相は、要望に理解を示した上で、県とも協議し対応を検討する意向を示しました。



関連記事

  1. 生活再建、きめ細かく対応 ~熊本地震、住宅確保など政府に要請

  2. 党に「農作物低温・日照不足被害対策本部」を設置

  3. 2月の市議選、支援訴え ~党大分県本部主催の新年互礼会に出席

  4. 退位特例法今国会成立期す ~政府・与党協議会に出席

  5. 地元仙台で新年事務所開き

  6. 「孤立集落の救助急げ」党大雪被害対策本部