下北の道路整備を北側国交相に要望

 7月8日(金)、青森県下北半島の地域住民団体「女(おなご)まぐろの会」(熊谷ヒサ子会長)らとともに北側一雄国交相を訪ね、国道279号線など地域幹線道路の整備について要望を行いました。これには、地元の間山隆彦、伊吹信一県議も同席しました。


 国道279号は、地域経済や教育、医療などで重要な役割を担う生活道路です。近年、落石や倒木が相次いで発生し、通行時の安全性の確保が課題となっており、早期の対応が求められています。
 熊谷会長は、同会が集めた1万3044人の署名を北側国交相に提出した上で、「地元住民の思いを汲み取ってほしい」として、国道279号の安全対策の強化などを求めました。


 北側国交相は、要望に理解を示した上で、県とも協議し対応を検討する意向を示しました。



関連記事

  1. JR仙石線「苦竹駅」にエレベータ設置へ

  2. 通常国会が閉幕、両院議員総会を開催

  3. 「防災」を政治の主流に ~福島夏季議員研修会であいさつ

  4. 政府が公明党の申し入れを反映することを決定

  5. 福島・仙台・盛岡で新春街頭演説会

  6. 東北6県で情報交換を ~仙台市で観光振興シンポ