新唐桑トンネルの貫通式に出席


 5月31日(日)、三陸縦貫自動車道の一部として工事が進んでいる気仙沼市唐桑町の新唐桑トンネル(2039㍍)の貫通式に出席し、地元国会議員として挨拶を行いました。式典には、地元自治体や工事関係者ら約100人が出席しました。



 挨拶の中で私は、工事に携わってきた関係者の方々のご労苦に敬意を表すると共に、無事開通したことを祝しました。そして「三陸自動車道路の整備は、地域の活性化や防災上の観点から重要な意義がある。さらに物流や観光交流の活性化が、三陸地域の総合的な発展につながる。整備の促進に、今後とも大いに尽力していきたい」と述べました。

 新唐桑トンネルは、2007年6月に堀削を開始し、今年3月に貫通。供用は、2010年度を予定。地元では、国道45号のバイパスの役割を果たし、交通事故が多発しているヘアピンカーブが解消すると期待されています。




関連記事

  1. 「アスベスト被害」万全の被害者救済策を

  2. 暮らし守る税制の構築を! ―日本税理士会連合会と意見交換―

  3. 福岡、高瀬候補の必勝訴え ~福岡市の街頭演説に参加

  4. 日本住宅建設産業協会の会合に出席

  5. 秋田県の横手市議選・湯沢市議選が開始

  6. 岩手県奥州市、大船渡市 党岩手県本部主催の時局講演会に出席