公明党がん対策推進本部が文部科学省からヒアリング


 5月14日(木)、公明党がん対策推進本部(本部長=浜四津敏子代表代行)の会合に出席し、がん対策の現状やがん教育の充実について文部科学省などからヒアリングを行いました。



 同ヒアリングでは、党として、2009年度補正予算案で女性特有のがん対策として行われることになった「一定年齢の女性に子宮頸がんと乳がん検診の無料クーポンを配布する施策」について、検診の受診率向上を図るため学校におけるがん教育の充実を要請。特に、子宮頸がんの無料クーポン配布で20歳女性も対象になる点に関し、米国では小学生から同がんの感染予防を教えていることを示唆した上で、教科書の改善を要望しました。これに対し、文科省側は検討する考えを述べました。






関連記事

  1. 参院選勝利の上げ潮を ~党宮城県臨時本部大会

  2. 東京都議選 公明23氏全員当選

  3. 宮城県岩沼市議選がスタート

  4. 「震災の教訓海外に発信」第3回国連防災世界会議が仙台市で開幕

  5. 3次補正の成立早く

  6. 公明、創価学会が連絡協議会