JAビル竣工式に出席


 4月22日(水)、東京・大手町に完成したJAビルの竣工披露式典(JA全中、全農、農林中金など主催)に公明党の太田昭宏代表、西博義農林水産部会長と共に出席し、挨拶しました。



 式典で太田代表は、日本経済の再生のために「環境と農業が(日本の)難局を乗り越えるエンジン役となっていかないといけない」と述べ、日本農業の再生が日本経済に与える重要性を訴えました。

 私は、先日(4/21)の農林水産委員会での農地法に関する参考人質疑の内容を紹介し、政府・与党として今後、①耕作放棄地の解消 ②農地の集約化・大規模化 ③農・商・工の連携強化の3点を着実に進めていくことが重要だと主張。「日本の農業振興に、党を挙げてしっかりとバックアップしてきたい」と述べました。






関連記事

  1. 米国務副長官と会談

  2. 復興、福島再生を後押し「グループ」「企業立地」の両補助金が増額

  3. 「東北の復元力が未来への希望」 ~公明新聞てい談

  4. 統一地方選へ全国遊説スタート~日本の課題に正面から挑戦~

  5. 日本の舵取り 一翼担う ~党富山県本部の会合に出席

  6. 三陸自動車道早期開通「気仙沼・本吉地方リアス・ハイウェイ女性の集い」に…