中国・李長春常務委員らと会談


 3月31日午後、公明党の太田昭宏代表らと共に、中国共産党の李長春・中央政治局常務委員らと会談しました。会談では、世界的な金融危機への対応などで、両国の協力関係をさらに強化していくことで一致。両国関係発展への戦略的互恵関係を具体的に展開していくことが重要であることを確認しました。



 席上 太田代表は、「公明党が日中関係の強固な軸となっていきたい」と強調した上で、金融危機に関して「日中が協力し、アジアに需要を創出しなければ危機は乗り越えられない」と指摘し、環境やエネルギー分野での交流強化を提案しました。



 李常務委員は、公明党が結党以来、一貫して中日関係の発展に尽力してきたことを評価。昨年5月、胡錦濤国家主席が訪日して交わした「日中共同声明」が、両国の新しい歴史のスタートに当たるとして、「相互信頼の醸成へハイレベルの緊密な交流を推進し、政治的基盤をより強固にしたい」と述べました。

また、両国関係発展の基盤を支えるため、青少年交流をはじめ民間・文化交流をさらに促進していくことが重要だとの共通認識を互いに確認しました。



 会談には、中国側から王家瑞・中央対外連絡部長らが同席、公明党は北側幹事長・山口政調会長・赤羽国国際委員長などが出席しました。






関連記事

  1. 信頼強化へ交流促進 ~宋濤・中連部長と会談

  2. 東日本大震災復興の加速化に向けての意見交換

  3. 「人間の復興」を成し遂げる ~会津若松のセミナーに出席

  4. 政府・与党協議会で喫緊課題について意見交換

  5. 公明党京都第3総支部党員大会に出席

  6. 与党道路財源等協議会