岩手県八幡市で農政討論会


 3月8日(日)午後、「日本農業の再生」をテーマとする政党討論会が岩手県八幡市の総合運動公園体育館で開催されました。「平成の百姓一揆in八幡平市」と題されたこの討論会は、農業再生に立ち上がれ!との意気込みで、八幡平市農業振興協議会が主催したもの。私は公明党を代表して出席し、党及び私自身の主張を展開しました。



 討論会で私は、「農業は、生命維持産業」との認識を示した上で、持続可能な農業への再生のため「米や大豆、麦などの適地適産を推進し、適切な価格で提供していく農業政策をめざす」と強く訴えました。

 討論会では、岩手大学農学部の木村伸男教授を進行役に、各党が農業政策について論戦を戦わせました。






関連記事

  1. 経済再生、教育を充実 ~政府・与党連絡会議に出席

  2. 地方創生へ実行力必要 ~新潟県知事選、街頭演説会に参加

  3. 日本看護家政紹介事業協会総会に出席

  4. 電機連合と政策協議・要望

  5. 党宮城県本部の賀詞交歓会で挨拶

  6. 第8回公明党全国大会を開催