岩手県八幡市で農政討論会


 3月8日(日)午後、「日本農業の再生」をテーマとする政党討論会が岩手県八幡市の総合運動公園体育館で開催されました。「平成の百姓一揆in八幡平市」と題されたこの討論会は、農業再生に立ち上がれ!との意気込みで、八幡平市農業振興協議会が主催したもの。私は公明党を代表して出席し、党及び私自身の主張を展開しました。



 討論会で私は、「農業は、生命維持産業」との認識を示した上で、持続可能な農業への再生のため「米や大豆、麦などの適地適産を推進し、適切な価格で提供していく農業政策をめざす」と強く訴えました。

 討論会では、岩手大学農学部の木村伸男教授を進行役に、各党が農業政策について論戦を戦わせました。






関連記事

  1. 党機構改革委が初会合

  2. 「公明が日本を立て直す」青森県3市で街頭演説

  3. 岩手県議選がスタート

  4. 与野党幹事長会談に出席

  5. 日中相互の信頼さらに ~日中与党協議会が閉幕

  6. 「北海道石炭対策連絡会議」から炭鉱技術海外移転事業で要望