「チャイルドファースト・フォーラムin郡山」で講演

 7月17日午後、福島県郡山市で開かれた「チャイルドファーストin郡山」に出席し、少子高齢化等の政治課題について講演しました。


 会合は少子化問題について考えようと公明党郡山総支部が主催したもので、地元を代表して原正夫郡山市長等の挨拶のほか、「経営者から見た私の子育て論」と題して、中部経営者協会の内藤清吾副会長の講演がありました。


 私からは、少子高齢社会を乗り切るためには、国を上げて少子化対策・子育て支援が必要であること、また高齢者が元気に活躍できるように介護予防・疾病予防が重要である事を指摘し、今後、最重要課題として取り組んでいくことを訴えました。


 又この日、会合に先立って政経懇談会を開催、原市長、丹治一郎郡山商工会議所副会頭らと地域経済や観光の振興等について意見交換しました。


 また会合終了後、発達障害を持つ親の会の方々と支援センターの設置やネットワーク作りなど支援のあり方について意見交換しました。



関連記事

  1. 「地方分権を政策綱領に」全国知事会から要望

  2. 復興と地方創生に全力 ~宮城の党員研修会で訴え

  3. 宮城・石巻市議会議員選挙が告示

  4. 税制改正へ党内議論が本格スタート

  5. 王毅中国大使と会談

  6. 三陸縦貫自動車道の開通式に出席