与党整備新幹線建設促進プロジェクトチームで討議


 私が座長代理を務める与党整備新幹線建設促進プロジェクトチーム(津島雄二座長=自民党)は、12月10日(水)、会合を開いて「来年度の整備新幹線の新規着工区間」について討議しました。



 会合では、未着工の3区間(北海道の新函館―札幌間、北陸の金沢―敦賀間、九州の諫早―長崎間)の来年度における建設認可と着工について活発に討議。最大の課題である「財源問題」については、出席者からさまざまな発言が出され、今後の対応について座長に一任することを決定しました。




関連記事

  1. JAグループ国産農畜産物商談会を視察

  2. 「米価下落対策」等についてJA全中から要望

  3. 公明党「石巻圏」政策懇談会で活発な意見交換

  4. 合併処理浄化槽の普及を後押し ~全浄連の会合に出席

  5. JR仙石線「苦竹駅」にエレベータ設置へ

  6. 「コメ政策に激変緩和」与党実務者が合意