資金繰り支援に全力 ―中小企業団体全国大会―


 11月20日(木)、私は、仙台市内で開催された中小企業団体全国大会に公明党を代表して出席し、あいさつしました。



 あいさつで、私は「中小企業の資金繰りを支援するため、公明党は全国各地でセーフティネット保証の対象外の業種を調べて二階経産相に拡充を要望し、(緊急保証制度の対象が)185業種から618業種まで広がり、貸付枠も30兆円規模に拡大させた」と強く訴えました。



 また、「公明党は定額給付金の年度内実現や過去最大の住宅ローン減税など、あらゆる手段を講じて内需拡大を図る」と述べ、今後とも、年末の税制改正で事業承継税制の確実な制度化や軽減税率引き下げなど中小企業の体質を強化する施策に全力で取り組むことを力強く訴えました。(公明新聞:2008年11月21日2面掲載)






関連記事

  1. 金融危機に対応する新たな経済対策を検討

  2. 東京改革 力強く前へ ~加藤都議の都政報告会に出席

  3. 家賃支援1兆円規模で ~党対策本部が政府に要請

  4. 「合併浄化槽の普及を」全浄連会合会合に出席

  5. 法務省に「裁判員制度についての提言」を手渡しました。

  6. 仙台商工会議所と政策懇談会