資金繰り支援に全力 ―中小企業団体全国大会―


 11月20日(木)、私は、仙台市内で開催された中小企業団体全国大会に公明党を代表して出席し、あいさつしました。



 あいさつで、私は「中小企業の資金繰りを支援するため、公明党は全国各地でセーフティネット保証の対象外の業種を調べて二階経産相に拡充を要望し、(緊急保証制度の対象が)185業種から618業種まで広がり、貸付枠も30兆円規模に拡大させた」と強く訴えました。



 また、「公明党は定額給付金の年度内実現や過去最大の住宅ローン減税など、あらゆる手段を講じて内需拡大を図る」と述べ、今後とも、年末の税制改正で事業承継税制の確実な制度化や軽減税率引き下げなど中小企業の体質を強化する施策に全力で取り組むことを力強く訴えました。(公明新聞:2008年11月21日2面掲載)






関連記事

  1. 避難生活 全力で支える ~熊本地震、熊本市・益城町を視察

  2. 税制改正へ党内議論が本格スタート

  3. 次の時代へ交流促進を ~北海道で日中与党交流協議会

  4. 与党シリアにおける邦人拘束事案対策本部に出席

  5. 安定政権で復興を前へ ~岩手の政経懇話会であいさつ

  6. 各団体から平成22年度の税制改正で要望受ける