秋田県(大仙市・横手市)で街頭演説

 

 10月26日(日)午後、秋田県大仙市と横手市の2ヵ所で街頭演説会を行いました。

街頭演説会ではまず、資金繰りに苦しむ中小企業への支援策として、公明党の推進した「緊急保証制度」に言及。今月31日から実施される同制度では、これまでのセーフティネット保証が185業種を対象にしていたのに対し、545業種にまで拡大されたことを報告。また、公明党が提案し、政府・与党で合意している「定額減税」について「バラマキとの批判は、庶民の苦しみが分っていない無責任な発言だ。庶民の生活を守るため、是非とも実現したい」と主張、公明党への絶大なる支援を呼び掛けました。

関連記事

  1. 全漁連・全日本不動産協会・全振連と要請懇談

  2. 超党派の「脳卒中対策推進議員連盟」が発足

  3. 仙台北部道路・起工式に出席

  4. 仙台で「女性の会」を開催

  5. 宮城県多賀城市で元気アップ懇談会

  6. 公明が政治安定の“要” ~横山氏の会合であいさつ