秋田県(大仙市・横手市)で街頭演説

 

 10月26日(日)午後、秋田県大仙市と横手市の2ヵ所で街頭演説会を行いました。

街頭演説会ではまず、資金繰りに苦しむ中小企業への支援策として、公明党の推進した「緊急保証制度」に言及。今月31日から実施される同制度では、これまでのセーフティネット保証が185業種を対象にしていたのに対し、545業種にまで拡大されたことを報告。また、公明党が提案し、政府・与党で合意している「定額減税」について「バラマキとの批判は、庶民の苦しみが分っていない無責任な発言だ。庶民の生活を守るため、是非とも実現したい」と主張、公明党への絶大なる支援を呼び掛けました。

関連記事

  1. 来年度予算政府案について内閣官房から説明受ける―党地域活性化推進本部―…

  2. 記録的な豪雨 生活再建、復旧へ調査

  3. 首脳間交流の促進を確認

  4. 地方6団体などの「地方分権改革総決起大会」に出席

  5. 風力発電団体から電力買い取りについて要望

  6. 塩釜魚市場 初売りの儀に出席