東北農業元気アップビジョンについて説明 ―党農林水産部会―


 10月7日(火)、党農林水産部会(部会長:西博義衆院議員)が開催され、10月3日に発表した東北元気アッププロジェクトの「東北農業元気アップビジョン」について、党全体としての検討を行いました。

 部会ではまず、東北農業元気アップビジョンの内容を説明。説明後の検討会では、①米をはじめ農作物の適地適作を進めるための減反の地域間融通 ②米価下落時にも農家が一定の収入を確保できる対策――などを公明党のマニフェストに追加することを部会として合意しました。






関連記事

  1. 岩手県議選がスタート

  2. 原発賠償など長期避難者から要望

  3. 「孤立集落の救助急げ」党大雪被害対策本部

  4. 「衆議院議員総選挙対策本部」を設置

  5. 倒壊家屋の解体支援を ~熊本・益城町議会が公明に要望

  6. 天皇退位、3月中旬までに意見集約