「榴岡の集い」を開催


 9月29日(月)夜、地元・仙台事務所の近隣の方々との「榴岡(つつじがおか)の集い」を開きました。私は、直近の政局の動向を報告すると共に、参加された方々と懇談しました。公明党からは、庄子賢一県会議員、笠原哲・嶋中貴志の両仙台市議会議員が参加しました。



 国政報告では、まず麻生首相の所信表明について、「機能不全に陥っている国会機能を回復することが最重要のテーマ。その意味で、所信演説で『政局を第一義』とする民主党にその態度変更を迫った麻生総理に同感する」と述べ、「国民のニーズに的確に応えるための『合意形成のルール』を打ち立てるべきだ」との考えを示しました。さらに、後退局面にある日本経済に触れ、経済を立て直すには政治の安定が第一であることを述べ、経済に無責任な民主党の姿勢を厳しく批判し、公明党が一番、真面目に働いている人の見方であることを強く訴え、次期衆院選勝利へ向けての決意を述べました。






関連記事

  1. 「科学技術基本計画」で棚橋担当相らに申し入れ

  2. 福島・いわき市議選がスタート

  3. 地元・仙台で街頭演説会

  4. 安心のマンション生活へ ~適正な管理、長寿命化で提言

  5. 中国の楊外交部長(外相)と会談

  6. 仙台中央卸売市場、業務開始式に参加