石田農水副大臣に米粉加工施設の整備支援を要請


 9月9日(火)、秋田県大潟村の高橋浩人村長らとともに農林水産省を訪れ、石田祝稔副大臣(公明党)に対し、米粉の加工施設整備に対する支援を要請しました。



 高橋村長らは、同村が米粉加工用米の生産に取り組み、東北の拠点地区として米粉加工施設の誘致を計画していることを説明した上で「食料自給率向上のためにも米粉の利用拡大は欠かせない」として、同計画への支援の要請をしました。

 さらに生産調整に取り組む農家への経営支援の拡充や後継者への経営委譲の円滑化、干拓地の排水・コルゲート管の更新に対する支援などを求めました。

 これに対し石田副大臣は、一つひとつの要望に対して農水省の施策の現状を説明。要望実現のための具体的なアドバイスや今後の農水省として検討する課題について回答しました。






関連記事

  1. 「防災」を政治の主流に ~福島夏季議員研修会であいさつ

  2. 公明党税制調査会が始動

  3. 党訪韓団・農業団体会長、政府局長とFTAで意見交換

  4. 北陸新幹線の早期建設に関する要請

  5. 党富山県本部主催の「躍進の集い」に出席

  6. 青森県本部時局講演会