党福島県本部夏季議員研修会に参加


 7月22日(火)、福島県いわき市内で開かれた党福島県本部(代表:甚野源次郎県議)の夏季議員研修会に出席し、次期衆院選の勝利に向けた取り組みなどについて講演し、質疑応答を行いました。



 講演で私は、9月以降いつ解散・総選挙があってもおかしくないとの考えを示した上で、「支持拡大のためには、議員が現場に入って語り抜く以外にない」と強調。具体的な活動について、「この夏は、訪問対話と街頭演説に全力で取り組もう!」と呼び掛けました。

 また党活動のモットーである「現場第一主義」について、岩手・宮城内陸地震や漁業用燃油の高騰問題などで公明党がいち早く現場に入り、現場の声と緊急対策を政府に申し入れた事例を紹介。国民の声に敏感に反応し迅速な対応することが、公明党の特長であり、国民の信頼に応える道だと論じました。






関連記事

  1. 「雄勝の伝統産業守る」硯工房が待望の落成式 宮城・石巻市

  2. 「与党シリアにおける邦人拘束事案対策本部」の会合

  3. 子宮頸がんと予防接種に関する署名簿を提出

  4. 公明党中央幹事会

  5. 秋田県の横手市議選・湯沢市議選が開始

  6. 「新幹線の早期整備を」整備新幹線関係期成同盟会から要望