政府・与党連絡会議


 政府と自民・公明の与党両党は7月14日(月)昼、首相官邸で政府・与党連絡会議を開き、『原油価格高騰』について“目に見える形で対策を講じていく必要がある”との認識で一致しました。



 席上、太田代表は、今月12日に宮城県塩釜市で原油高騰の影響が深刻な水産業関係者と懇談したことを報告した上で、生活として成り立たず仕事が出来ない状況を報告。また高騰する漁船の燃料費については、何らかの形で直接補てんできるような措置を検討してほしいことを求めるとともに、加工用輸入水産物にかかる関税について、撤廃も含め配慮することが必要との考えを示唆しました。

 さらに、①水産食品製造業へのセーフティネット保証適用の継続・拡大 ②軽油引取税の暫定税率減免 ③高速道路料金の深夜割引時間帯の拡大 ④原油取引市場の安定化に向けた国際的協調策―――の実施についても、危機的状況にあることから早急に対処してほしいと強く求めました。



 これに対し、福田康夫首相は「今の予算の中で緊急にできることは、まだまだあるはずだ。早急に手を打っていくことが大事だ」と述べ、関係閣僚に早期対応を指示しました。



 また岩手・宮城内陸地震の復興支援に関して、12日に行った岩手県一関市の現地調査の内容を報告。「1日も早く(被災者が)元の生活に戻れるように全力を尽くしてもらいたい」と述べた上で、激甚災害の指定自治体の拡大や、復旧にかかわる地方負担に対する財政措置を要求したほか、観光地の風評被害について、「丁寧に(正確な情報を)発信し、バックアップしてもらいたい」と求め、「中小企業の倒産が軒並み増加している。貸し渋りや貸しはがしに遭い、融資を受けられず大変な状況だ」と指摘。「財務当局、金融庁、経済産業省を挙げて力を入れてほしい」と強く要望しました。



 北側幹事長は、低炭素社会に向けた省エネ政策や、食料自給率を高めるための政策について、「一大転換すべきだ」と主張しました。






関連記事

  1. 岩手・北上市議選がスタート

  2. 日中与党交流協議会で講演

  3. 岩手県八幡市で農政討論会

  4. 喫緊の政治課題について議論 政府・与党協議会

  5. 「テロ対策の徹底が必要」与党シリアにおける邦人拘束事案対策本部

  6. 「北陸新幹線 整備促進を」北陸新幹線建設促進同盟会から要望