冬柴国交相を交え仙台市で各界意見交換会


 6月30日(月)、仙台市内で行われた公明党宮城県本部(代表:石橋信勝県議)主催の意見交換会に出席しました。これは、冬柴鉄三国土交通大臣の宮城県視察に合わせて開催されたもので、宮城県内の首長や経済界の代表が参加しました。



 意見交換会ではまず、村井嘉浩・宮城県知事から「岩手・宮城内陸地震の復旧へ全面的な支援」の要請があり、併せて宮城および東北の産業・経済発展には「広域道路交通網の整備」が必要との強い要望が出されました。このほか、佐々木恭之助・東北経済連合会副会長からは「災害に強い社会基盤の整備の必要性」、梅原克彦・仙台市長からは「仙台市内タクシーの減車するための産業構造改善臨時措置法の必要性」が訴えられました。

 これに対し冬柴国交相は、同日、岩手・宮城内陸地震で大きな被害を受けた宮城県栗原市を視察したことに触れ、「道路の寸断で避難生活を送っている住民の声を直接お聞きした。一日も早く、自宅に戻れるよう道路の復旧に全力を挙げたい」と述べ、また、「国民の安全と安心を守る立場から、地方が切望する道路は一日も早く造りたいと考えている」との回答が示されました。



 意見交換会に先立つ同日午前、冬柴国交相と仙台塩釜港を視察しました。港湾整備の実情と港湾利活用の現況を視察するとともに、「仙台・塩釜の相互補完関係の確保と運搬の効率化促進に伴う仙台港の整備拡大に関する要望」を受けました。(写真下段掲載)






関連記事

  1. 臨時国会開幕 両院議員総会に出席

  2. 岩手・石鳥谷町で「地域懇談会」「国政報告会」「農政懇談会」を開催

  3. 政治の安定に公明寄与 ~伊藤氏会合であいさつ

  4. JR北海道労組から要請

  5. 党福岡県本部大会に出席

  6. 沖縄・本土復帰40年記念式典に出席