「電機産業の現状と振興策について」電機連合から要望

 7月28日(木)、都内で電機連合(全日本電機・電子・情報関連産業労働組合連合会)の古賀伸明中央執行委員長らと懇談し、電機産業の現状と振興策について意見を交換をしました。これには、福島豊、河上覃雄、江田康幸の各衆院議員が同席しました。


 席上、同連合側から、電機産業振興への税制支援として、①高水準の人材確保を目的とする自己啓発投資減税の創設 ②IT(情報技術)投資促進減税 ③研究開発促進税制の継続 ④IT分野への予算の重点配分や新エネルギー開発の推進 ―などについての要望を受けました。


 その後の意見交換では、国民生活のIT利用の拡大や核燃料サイクルのあり方などについて協議。公明党側は、第3期科学技術基本計画での申し入れで、IT分野に対する予算重点化を基本に据えたことなどを紹介しました。



関連記事

  1. 日中首脳往来に意欲 ~与党訪中団、出発に向けて

  2. 福島県原子力損害対策協議会から要望

  3. 宮城県「平成29年度国の施策・予算に関する提案・要望」に係る意見交換会…

  4. 「九州新幹線西九州ルート早期着工へ」整備促進に関する要望

  5. 与党税制協議会で議論

  6. 全国知事会など地方6団体と意見交換