全宅連の総会懇親会に出席


 6月26日(木)、都内で行われた全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連、伊藤博会長)の会合に出席し、懇談しました。これには太田昭宏代表をはじめ、山本博司参院議員、冬柴鉄三国交相、谷口隆義総務副大臣も出席しました。

 この中で太田代表は、「少子高齢社会にあって、住宅を安定して提供することは重要な課題。庶民の生活の根源である住宅に焦点を当て、全宅連と力を合わせてこの問題に尽力していきたい」と挨拶。私も「不動産取引の現況」や「今後の住宅政策」について、出席の関係者と懇談・意見交換会を行いました。






関連記事

  1. 「地方財源の拡充を」山形県町村会から提案

  2. 党再建へ新体制が発足

  3. 「雇用安定へ支援訴え」連合から要望

  4. 日本経済団体連合会と意見交換

  5. 公明党住宅振興議員懇話会が発足

  6. 自工会など4団体から「車体課税の見直し」に関する要望