福島県の桑折町・国見町で農政懇談会


 6月7日(土)、甚野源次郎県会議員・大條一郎伊達市議会議員とともに桑折町と国見町を訪れ、地元農業者の方々と農政懇談会を行いました。



 それぞれの懇談会で私は、現場第一主義に徹して、農業の実情と農家の方々の意見を精力的に聞き、その声を国の政策に反映させてきた公明党の取り組みを紹介。東北農政の最大のテーマである「米作り」については、先ずは米価維持が最重要の課題だと述べ、昨年は政府備蓄米の在庫積み増しを国会で訴え実現した事、転作においては「水田を水田として残す飼料用稲作への転作」などを主張してきたこと等を報告しました。

懇談会では、地元農業者の方々から桑折町・国見町の地域農業の実態をお聞きすると共に、国の施策への要望や意見を聞きました。






関連記事

  1. 安心の社会保障 構築へ ~政府・与党連絡会議に出席

  2. 岩手、秋田の県本部大会に出席

  3. 区割り法案衆院委で可決 『0増5減「違憲」解消が急務』

  4. 不信任案に理由なし ~国会会期末、両院議員総会を開催

  5. 党富山県本部賀詞交歓会に出席

  6. 党福島県本部の新春政経セミナーに参加