鶴岡市で地域懇談会と「まちづくりセミナー」


 5月31日(土)午後、山形県鶴岡市で「鶴岡市のまちづくり」をテーマに、地元の商工関係者及び行政関係者と地域懇談会を行いました。また、夜には地域の一般住民の方々も交えて「まちづくりセミナー」を開催。公明党からは、寒河江政好県議会議員(党県代表)のほか、富樫正毅・秋葉雄の両鶴岡市議会議員も出席しました。



 「まちづくり懇談会」には、㈱まちづくり鶴岡の保科正彦代表取締役、鶴岡商工会議所・早坂剛会頭、㈱荘内銀行・國井英夫専務取締役、鶴岡市建設部、商工観光部、都市計画、商工関係者の方々が出席。鶴岡市中心市街地の現状と今後の活性化施策について報告と要望を聞き、意見交換を行いました。席上、保科氏より「都市機能の無秩序な拡散を防止し、市民にとって暮らしやすいコンパクトな都市構造の実現が重要。そのための広域的なインフラ整備や大規模集客施設の配置、商店街の活性化、福祉施設の充実、企業の共同託児施設運営などまちづくりに関する総合的な施策が必要だ」として、具体的な要望が出されました。

 これに対し私は、「県・市と連携してそれぞれの施策について対応を図りたい」と述べるともに「鶴岡市は、公共施設が市民生活の中で上手く活用されている珍しい都市。この長所を生かすまちづくりが重要である」と述べました。



 また夜に開催された「まちづくりセミナー」の講演では、まず現在の国会状況と国政の様々な問題について報告。まちづくりについては、「鶴岡市が連綿と守り継承してきた『まちの風格』を次代に残すと同時に、市民のニーズに対応した都市機能の充実をハード・ソフトの両面から拡充することが大事だ。『歴史文化を大事にするまちづくり』を合言葉に、県・市と連携して、全国の模範となるまちづくりに尽力していきたい」と述べました。






関連記事

  1. 「立地補助金増額を」 福島復興へ財務相らに要望

  2. 北の脅威 結束し対応 ~政府与党連絡会議に出席

  3. 復興、福島再生を後押し「グループ」「企業立地」の両補助金が増額

  4. 「小康社会」実現めざす ~中国共産党中央党校副校長と意見交換

  5. 塩釜魚市場 初売りの儀に出席

  6. 「与党シリアにおける邦人拘束事案対策本部」の会合