全国積雪寒冷地帯協議会から要望


 5月29日(木)、衆議院第2議員会館で全国積雪寒冷地帯協議会(泉田裕彦会長=新潟県知事)の代表と懇談し、2009年度政府予算の寒冷地帯対策に関する要望を受けました。

これには魚住裕一郎参院議員も同席しました。




 要請懇談会では、泉田会長から「積雪寒冷地の多くは、食料やエネルギーの供給地として、我が国を根底から支えている地域だ」として、積雪寒冷地帯の地域社会維持のため ①除雪費支援制度の創設 ②除雪オペレーター(機器の操作者)など人的支援制度の拡充 ③地方交付税の拡充――などの要望が提出されました。

 これに対し私は、積寒地帯の事情はよく認識していると述べた上で、「知恵を絞り要望実現に向けて全力を尽くしたい」旨のとの回答を示しました。 






関連記事

  1. 「軽減税率を食料品に」生鮮食品団体協議会と意見交換

  2. 全振連の会合に出席

  3. TPP 国民的な議論が必要 JA全中会長らと意見交換

  4. 農政連推薦候補者激励集会に出席

  5. 「予算関連で地方に配慮」市長会、町村会から要望

  6. 日本バス協会の新年賀詞交歓会に出席