福島市で救援街頭募金


 5月18日(日)、ミャンマーを襲った大型サイクロンと中国・四川大地震の被災者を救援するため、公明党福島県本部(甚野源次郎代表)、「被災者を救援する福島県民の会」(箭内喜訓代表)の代表メンバーと共に、福島市内で街頭募金活動を行いました。

私は、ミャンマー・中国いずれも国際社会の支援が今最も必要な時であり、日本はアジアの同胞として、その先頭に立って被災者救援に全力で取り組んでいくべきだと訴え、募金の協力を呼び掛けました。






関連記事

  1. 青森市に障害者専用スペースにハート・プラスマーク(内部障害意思表示章)…

  2. 利便性の向上へ全力 ~民鉄協の交歓会で訴え

  3. 第3次安倍内閣発足後初めての連絡会議に出席

  4. 来年度予算で北海道知事が要望

  5. 蔵王山の風評被害対策を要望

  6. 「雄勝の伝統産業守る」硯工房が待望の落成式 宮城・石巻市