福島市で救援街頭募金


 5月18日(日)、ミャンマーを襲った大型サイクロンと中国・四川大地震の被災者を救援するため、公明党福島県本部(甚野源次郎代表)、「被災者を救援する福島県民の会」(箭内喜訓代表)の代表メンバーと共に、福島市内で街頭募金活動を行いました。

私は、ミャンマー・中国いずれも国際社会の支援が今最も必要な時であり、日本はアジアの同胞として、その先頭に立って被災者救援に全力で取り組んでいくべきだと訴え、募金の協力を呼び掛けました。






関連記事

  1. 平和脅かす挑発 許さず ~党北朝鮮問題対策本部開催

  2. 「東北夏季議員研修会」に参加

  3. 「復興施策の予算確保を」佐藤福島県知事から要望

  4. 整備新幹線、北陸・北海道から要望受ける

  5. 気仙沼大島での離島懇談会、気仙沼の時局講演会に出席

  6. 合意めざし各党努力を ~衆院選挙制度改革で会談