福島市で救援街頭募金


 5月18日(日)、ミャンマーを襲った大型サイクロンと中国・四川大地震の被災者を救援するため、公明党福島県本部(甚野源次郎代表)、「被災者を救援する福島県民の会」(箭内喜訓代表)の代表メンバーと共に、福島市内で街頭募金活動を行いました。

私は、ミャンマー・中国いずれも国際社会の支援が今最も必要な時であり、日本はアジアの同胞として、その先頭に立って被災者救援に全力で取り組んでいくべきだと訴え、募金の協力を呼び掛けました。






関連記事

  1. 公明こそ政治安定の要 ~党富山県本部の時局講演会に参加

  2. 名古屋市でのミッドランド毎日フォーラムで講演

  3. 人権、平和の理念守る 核軍縮へ協調リード ~憲法記念日街頭演説会

  4. 後期高齢者医療制度などの諸課題について協議 ―政府・与党連絡会議―

  5. 衆院通過の二重ローン救済法案

  6. 「軽油引取税・免税措置の恒久化を」青森県漁連から要望