後期高齢者医療制度について意見交換―医療制度委員会―


 3月14日(金)、公明党社会保障制度調査会(会長:福島豊衆院議員)の医療制度委員会に出席しました。会議では、今年4月から導入される「後期高齢者医療制度」(対象:75歳以上高齢者及び65~74歳の寝たきりの人等も含む)の保険料等について、厚生労働省からヒアリングを行いました。これには北側一雄幹事長、斉藤鉄夫政務調査会長らも出席しました。

 会議では、保険料額が各都道府県によって様々であることや低所得者には負担軽減措置がある点を示した上で、「高齢者の不安を取り除くために、きめ細かな説明が必要」として、厚生労働省の的確な取り組みを指示しました。






関連記事

  1. 外国人労働者問題で細田官房長官に申し入れ

  2. 子宮頸がんと予防接種に関する署名簿を提出

  3. 経済好循環の流れ加速 ~経団連と意見交換

  4. 全国社会保険労務士会連合会の大会懇親会に出席

  5. 政経フォーラム2003を開催

  6. 富山県黒部市の時局講演会に出席