地上デジタル放送受信障害で合同会議


 2月6日(水)、私が会長を務めるマンション問題議員懇話会と公明党地上放送のデジタル対策PT(桝屋敬悟座長=衆院議員)は、衆院第1議員会館で合同会議を開き、総務省から地上デジタル放送の受信障害の解決策などについて説明を受け、意見交換を行いました。



 会議ではまず、2008年度予算案に盛り込まれた地デジ関係予算の説明を総務省から聴取。11年のアナログ放送終了時に地上デジタル放送が受信できない地域への放送衛星(BS)を用いたセーフティーネットの概要や、アナログテレビを継続して使うための廉価な簡易チューナーの仕様、新たな受信障害地域の解消や低所得者支援などについて意見交換を行いました。






関連記事

  1. 医療、心のケア対策必要 ~九州北部豪雨被害・党部会が政府に要請

  2. 「東北の復元力が未来への希望」 ~公明新聞てい談

  3. 党宮城県本部主催の女性時局講演会に出席

  4. 米軍属逮捕、県民の「憤り」受け止めよ ~党合同会合に出席

  5. 記録的な豪雨 生活再建、復旧へ調査

  6. 住宅確保の見通しを ~熊本地震対策本部の会合を開催